入退室管理(出入管理)と電気錠システム

入退室管理(出入管理)と電気錠システム

入退室管理システム(アクセスコントロール・システム)とはその名の通り部屋や建物への入室および退室を管理し部外者の侵入を防ぐためのものです。 ほとんどの入室管理システムは電気錠を使うため電気錠システムと呼ばれることもあります。

また、最近は技術の進歩により様々な要求に応えるシステムがあります。
例えば多くの社員を抱える企業ではそれぞれの社員にIDカード(身分証明証)を持たせそのIDカードに入退室(アクセス) できる場所の情報を入力することにより会社全体 で入退室管理をすることを可能にしています。
さらに、コンピュータのネットワークを使い支社・支店・営業所の入退室管理も本社でコントロールできるようにすることも可能です。
その他には先程の例にあったIDカードだけではなく指紋や静脈といった生体(バイオメトリクス)認証を利用したものや門扉などの大きい扉や屋外でも対応できる システム機器も開発されています。

ここではそれらの機器やシステムに関する説明や実際に掛かる費用(目安)などもご案内していきます。

入退室管理(電気錠)システムを採用する主な利点

・ドアから離れた場所から施錠・解錠を遠隔操作が出来る
・ドアから離れた場所からドアの開閉や施錠・解錠などを確認できる
・タイマーなどを接続して時間による施錠・解錠状況をコントロールできる
・扉が閉まると自動的に施錠するように出来るのでカギのかけ忘れを防げる
(一部の機械式錠前でも可能です)
・カードや指紋認証などを利用し細かく入退室管理(アクセスコントロール)が可能

基本的な入退室管理(電気錠)システムの構成

 基本的な電気錠システムはの4つから成ります。
  【電気錠】  【制御盤(コントローラ)】  【操作器(室内)】  【操作器(室外)
(室内側の操作器は錠前の種類等や退出管理の有無よって必要ない場合もあります。)

Top >> 

電気錠と入退室管理システムを構成する機器

電気錠、電気ストライク

その名の通り電気で動く錠前です。ドアに取り付け通常のカギ等を使う代わりに電気で開け閉めするのが「電気錠」でドア枠側の「受け(ストライク)」を電気的に開けたり閉めたりするのが「電気ストライク」です。

通常の錠前と同じようにレバーやノブ等のハンドルが付いたものや、ハンドルの無いもの等形も色々あります。また、作動の方法も通電時施錠型、通電時解錠型、瞬時通電施解錠型、モーター施解錠型など色々有ります。使用目的などをおっしゃっていただければどういったものが良いのかはご提案させていただきます。

扉にガラスなどが入っていて扉の框部分が狭いなど、電気錠を設置するのが困難な場合は枠側に「電気ストライク」を取り付けます。

取り付ける場所などにより、防滴タイプ等もございます。また最近では強力な磁力で施錠する「電磁式」と呼ばれるものもあり、防水性能も高いので屋外の門扉などに多く採用されています。

モーター施解錠型

電気によって錠前のモーターが作動しデッドボルトを出し入れするタイプの錠前です。 既設の扉に電気錠を後付する際に多く用いられます。また、ガラスなどが入っている扉で標準サイズの電気錠が取付できない場合用に本体奥行きの短いものもあります。


写真は美和ロック AL3M

通電時施錠型

通電時に施錠されるタイプのものです。一般的には平常時は「通電=施錠」されており、暗証番号の入力などで一時的に通電を遮断し解錠して扉を開け閉めします。停電した場合には解錠しますので緊急時に開放しておく必要がある扉に最適です。


写真は美和ロック ALRレバーハンドル付
通電時解錠型

通電時に解錠されるタイプのものです。一般的には平常時は施錠されており、暗証番号の入力などで一時的に通電し解錠して扉を開け閉めします。停電した場合には施錠しますので緊急時にも施錠しておく必要がある扉に最適です。

写真は美和ロック ALTレバーハンドル付

瞬時通電施解錠型

一時的に通電されることにより施錠と解錠を繰り返すタイプのものです。停電時には一般的な機械式の錠前と同様手動で開け閉めすることができます。住宅の玄関扉などに使われています。


写真は美和ロック ALSレバーハンドル付
ハイブリッド型

通電時施錠型と通電時解錠型のどちらで作動させるかを切り替えできるタイプです。



写真は美和ロック AUTレバーハンドル付
電気ストライク

上の電気錠の代わりに通常ドアの枠側に設置されている穴の開いている受け金具(ストライク)が電気によって施解錠できるようになっているものです。電気錠と同じように通電時施錠型
通電時解錠型、 瞬時通電施解錠型があります。
電気錠の設置が困難な場合に使われることが多いです。

写真は美和ロック ASE
マグネット式電気錠

電磁石の吸着力で扉を閉めておくのがマグネット式電気錠です。構造が簡単なので故障が少なく屋外にも適してます。

 Top >>

制御盤(コントローラ)

その名の通り電気錠システムを制御する機械です。
小型で室内操作器としても使えるタイプやたくさんの電気錠をコントロール出来るものや通常オプションとされているもの(タイマーや停電用バックアップ電源等)が最初から付いているものなどさまざまです。
また使用する電気錠のタイプによっても変わってきます。

小型制御盤
多回線制御盤

 

室内側操作器

その名の通り室内側から電気錠システムを操作する機械です。
ほとんどの場合は天井などに付けるセンサータイプかドア近くに設置するボタンスイッチタイプになります。
退室も入室と同じように管理する場合には室外側と同じような操作器を取り付けます。
また、レバーハンドル式の電気錠で「アンチパニック」という機能がついているものはレバーハンドルを下げるだけで解錠することが可能です。

 

天井センサー
ボタンスイッチ

 

室外側操作器

その名の通り室外側に設置する操作器です。(もちろん退室も管理する場合には室内側にも取り付ける必要があります)
許可された人のみがドアを開けることが出来るようにするための部分です。よくあるタイプですとキースイッチ(カギ穴にキーを挿入しを回すもの)や暗証番号式、カードーキーがあります。
最近増えてきているのは非接触型のタグやカードなどを近づけるタイプや指紋や静脈などを認証に使うバイオメトリクス系のものも増えてきています。
また、普及しつつあるFelica(フェリカ)に対応したものも増えてきています。
カードやカギと違い紛失や持ち忘れの心配がなくセキュリティ面においても許可されている本人で以外は認証しない指紋や静脈などが今後は主流になっていくように思われます。

 

キースイッチ
暗証番号用テンキーユニット
非接触型受信器
指紋照合器

お問い合わせトップページ 入退室管理システムと電気錠 入退室管理と電気錠システム フェリカ等の非接触型カード 電池式 美和ロック製 
FKALT
暗証番号 電池式 美和ロック製 
TK4L
マグネット式電気錠
(屋外用・防滴)
インターホンを使ったシステム 施工例
(一戸建住宅・リモコン)
カギと錠前 カギと錠前の基礎知識 各種錠前 補助錠
(ワンドア・ツーロック)
引き戸のカギ 防犯対策 ドアの防犯対策 窓の防犯対策 防犯合わせガラス その他の防犯対策 泥棒を知る 建築金物 ドアクローザー 引き戸用 ドアクローザー フロアヒンジ 業務案内 特定商取引法に基づく表示 個人情報の取り扱いに関して