最も普及している暗証番号での入退室管理システム

暗証番号での入退室管理システムは既存の入退室管理システム(電気錠システム)としては最も普及しているタイプです。また、最近普及してきた非接触カード や生態認証のシステムも暗証番号を併用しているものも多く見られます。暗証番号の利点としてはカギとなる暗証番号の変更が簡単な点が挙げられます。

各種テンキーユニット(暗証番号入力用キーパッド)

 

美和ロック TKU-002D
国内のナンバーワン錠前メーカー、美和ロックの暗証番号入力用テンキーユニットです。ランダムテンキーと呼ばれる機能が付いています。

(ランダムテンキー・・・番号表示が液晶を使用しており、操作毎に数字の並び方が変わるため、「一部の番号だけ擦れてどの番号を押しているか判ってしまう」と言うことが無いようにできています。)

 

アート T-3830
国内の入退室管理機器のメーカー、 アートの暗証番号入力用テンキーユニットです。ランダムテンキーと呼ばれる機能が付いています。

(ランダムテンキー・・・番号表示が液晶を使用しており、操作毎に数字の並び方が変わるため、「一部の番号だけ擦れてどの番号を押しているか判ってしまう」と言うことが無いようにできています。)

 

暗証番号式入退室管理システム(電気錠システム)の例とその費用

入室の際に暗証番号を入力するとカギが開き、退出時にはドアのレバーを下げるだけでカギが開いて退室できるシステムです。扉が閉まれば自動的に施錠されるので鍵のかけ忘れの心配はありません。 電気錠システムとしては最もシンプルなシステムであると言えます。

価格¥315,000〜(工事費/消費税込)
参考システムと主な使用機器
コントローラ
国内メーカー製 電気錠制御盤
テンキーユニット
国内メーカー製 テンキーユニット
電気錠
レバーハンドル付電気錠

(上記価格に含まれるもの)
・上記電気錠及び電気機器の取付け及び設定
・上記機器の結線、ドア内部及びドアから制御盤までのモールでの配線(5m迄)工事費
・錠前取付の為の扉への加工費
・上記システム設置の為の工事材料費(電線、モール、取付金具、通電金具等)
・その他運搬・廃材等の諸経費

(上記価格に含まれないもの)
・元々取り付けられていた錠前を設置する際に開けられたドアの穴を塞ぐ必要が生じた場合のプレート代
・上記機器に含まれていないオプション機器(タイマーや室内側スイッチ等)とその工事費

※価格はあくまで目安です。建物やドアなどの状況により費用は変わります。


扉にガラスなどが入っていて錠前を取り付けるスペースに限りのある場合には薄型の「モーター錠」を取り付ける場合があります。 その場合にはレバーハンドル等は元々取り付けられているものをそのまま使い退出時にはモーター錠の室内側ツマミ(サムターン)を回して解錠 するか解錠用スイッチを取り付けてそのスイッチで解錠して退出します。

 

 

その他オプション等

上記システム用の追加/変更オプションです(価格はお問い合わせください。)
・モーター錠への変更
・電磁式錠前(屋外用防滴型)への変更
・室内側スイッチの取付け
・プレート(エスカッション、2枚一組)
・24時間タイマーの追加
・週間タイマーの追加
・インターホンとの接続

 

お問い合わせトップページ 入退室管理システムと電気錠 入退室管理と電気錠システム フェリカ等の非接触型カード電池式 美和ロック製 
FKALT
暗証番号 電池式 美和ロック製 
TK4L
マグネット式電気錠
(屋外用・防滴)
インターホンを使ったシステム 施工例
(一戸建住宅・リモコン)
カギと錠前 カギと錠前の基礎知識 各種錠前 補助錠
(ワンドア・ツーロック)
引き戸のカギ 防犯対策 ドアの防犯対策 窓の防犯対策 防犯合わせガラス その他の防犯対策 泥棒を知る 建築金物 ドアクローザー 引き戸用 ドアクローザー フロアヒンジ 業務案内 特定商取引法に基づく表示 リンク 個人情報の取り扱いに関して